読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜブログを書くかを少し考えました

先週、とある人からそう聞かれて、
そういえばなぜだろうと、時間があるときに考えるようになりました。
 
記録をつける、文章を書く、一日を振り返る、
そういった意味はある気がします。
 
しかし、僕が日記を書く事で何かが変わっているのか、というとそうでもない気がします。
僕の日常は相変わらず改善もせず、
誰かに刺激を与えているとも思えず、
何か新しい技術を身につけているわけでもなく、
相変わらずの内容。
 
そんな風に、自分のやっていることをたいしたことない、やっていても無駄なこと、
と考えるだけの理由や材料はたくさんぽこぽこと出てきます。
 
でも、じゃあやめようか、と考えると「それは嫌だなぁ」と抵抗する気持ちもあります。
それはおそらく、やめてしまうと失うものが何かしらあると、少し気づいているからだと思います。
 
インターネットの片隅で、僕がブツブツと考えたことを綴っているだけで、
何の役にも立たない気がするのですけど、
僕の中に「やってみよう」と小さな動機があるのなら、とりあえずやっといていいんじゃないかなぁと思った次第です。
 
それはブログだけじゃなくて、他の事でも、大きな声でやる意義があると言えなくても、
「やってみよう」と思った事をとりあえずやっていければなぁと思ったりしたのでした。
 
できれば、大きな声で語れるだけ、経験値をのばせればいいのですけど、
それはまた別の話。なのかなぁ、などと思いました。