読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなら○○できる、と考えないようにしようと思いました

好き、を燃料に前に進むのは、
非常に納得ができるし、理想的だと思います。
 
でも、「○○が好きなら□□できるはず」「○○が好きなら当然□□するよね」
「○○が好きなら、そもそも□□しない」
とは考えないようにしようと思いました。
 
自分自身が純粋に好きを燃料に走る事ができない、
そういった人間だからだと思いますが、
まず「□□しない」という経験が存在してしまいます。
 
今まで「□□していなかった」「□□できなかった」、
だから、僕は結局○○のことを本当は好きでもなんでもないんだろう。
 
これも結構納得ができる気がしますし、実際そうなんだろうと思うこともあるのですが、
この考え方をベースにしてしまうと、僕の場合、好きな物が何もなくなってしまって、
凄く、息苦しい感じになります。
 
前述の通り、僕の中には純粋に「好き」という気持ちの強さが足りないのだと思いますが、
弱い気持ちでも「好き」という気持ちを否定せずに、
持っている事を自覚したいと思いました。
 
そのために「好きとは○○だ」と自分の中で定義付けせず、
好きっぽい何かを、好きっぽいと、弱くても持って、
できれば、その気持ちを強くしていきたいなぁ、などと考えたのでありました。